“大谷超え”のハリル氏会見 韓国紙も注目「大谷翔平のMLB進出より多い取材陣」

韓国紙が「“大谷超え”のハリル氏会見」に注目【写真:Getty Images】
韓国紙が「“大谷超え”のハリル氏会見」に注目【写真:Getty Images】

ハリル氏会見に330人超の報道陣が殺到、大谷のMLB進出会見の250人を超える

 日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏が、27日に都内で開催された緊急会見に出席した。6月にロシア・ワールドカップ(W杯)が迫るなかで契約解除の憂き目に遭ったなか、ハリル氏は約1時間半にわたって語り続けたが、「ハリルの反論会見、大谷翔平より多い取材陣」と注目したのが韓国紙「スポーツ韓国」だ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ハリル氏は2015年3月に日本代表監督に就任し、6大会連続のワールドカップ(W杯)出場に導いたが、その後二度の欧州遠征で未勝利に終わるなど不振が続き、4月9日に日本サッカー協会(JFA)から契約解除が発表された。21日に来日したハリル氏の会見とあって国内外から大きな注目を集め、テレビカメラ約30台、スチールカメラ約40台がズラリと並んだ。

「昨年11月に大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)のMLB進出宣言の会見よりも多くの取材陣が申請するほど注目が集まった」

 そう伝えたのは、韓国紙「スポーツ韓国」だった。「反論記者会見は極めて異例」と伝えつつ、関心が極めて高かったと記している。ハリル氏の会見には報道陣332人が集まったなか、同記事では「これは昨年11月に250人が集まった大谷のMLB進出宣言よりも多い人数だ」と報じている。

 韓国メディアも熱視線を送った緊急会見で思いを吐露したハリル氏。“大谷以上”の脚光を浴び、その反響は今も広がり続けている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング