「日本の永遠のサポーター」ハリル氏が“最後のエール” 「ずっと頑張ってください」

ハリル氏は電撃解任されたなかでも、日本への強い思いを明かした【写真:荒川祐史】
ハリル氏は電撃解任されたなかでも、日本への強い思いを明かした【写真:荒川祐史】

「日本代表を応援できるか?」と問われ、「まだ心が通っていると信じている」と回答

 日本代表を率いたバヒド・ハリルホジッチ前監督は27日、都内で記者会見を行い、解任騒動について口を開いた。4月9日に日本サッカー協会(JFA)から契約解除が発表され、様々な憶測が飛び交うなか、21日に再来日。「日本代表を応援できるか?」との問いに、「私は日本の永遠のサポーターだ」と断言した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ハリルホジッチ前監督は2015年3月に日本代表の指揮官に就任し、6大会連続のワールドカップ(W杯)出場に導いた。しかし、その後二度の欧州遠征で未勝利に終わり、昨年12月のE-1選手権でライバル韓国に惨敗するなど不振が続き、4月7日付で契約解除。W杯開幕2カ月前で退任を強いられる憂き目に遭った。

 会見は約1時間半に及ぶロングランとなったが、質疑応答の際に「日本代表を応援できるか?」と記者から問われると、電撃解任されたなかでも日本への強い思いを明かした。

「私は日本の永遠のサポーターだ。いろいろなことを混ぜられない真っすぐな性格なので、関わってきたチームと親密な関係を築きたいし、いつも忠誠心はある。日本チーム、多くの選手たちにまだ心が通っていると信じているし、ずっとこれからも頑張ってください。これはバイオリンのようなリップサービスではない。真っすぐな忠実な言葉は心からのもので、揺るぎのないものだ」

 日本代表監督の地位を退かなければならないことを「非常に心残り」としつつも、3年間指揮を執った日本にエールを送ることを忘れなかった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング