Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.11.13 (Mon)

「やり直せるなら…」 中村俊輔がキャリア回想で本音「若い時にスペインへ行きたかった」


【天才レフティーの思考|No.3】24歳でレッジーナへ移籍、中村が「改めて思う」別の道とは?

 

中村俊輔インタビュー連載「天才レフティーの思考」

第1回][第2回][第4回][第5回][第6回][第7回

 

 J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は、2002年夏に当時所属していた横浜F・マリノスからイタリア1部レッジーナへ完全移籍し、それを足掛かりに世界的評価を高めた。日本サッカー界を長年けん引し続けた天才レフティーだが、若かりし頃に「他の国に渡っていたら…」と思うことが今でもあると明かしている。

 

【PR】中村俊輔インタビュー【前編】 サッカー人生最大の決断とは? 「ヒデさんを見て焦りが募った」

【PR】中村俊輔インタビュー【後編】 天才が明かす「サッカーセンス」の見分け方とは?

 

 2002年日韓ワールドカップで日本代表メンバーから失意の落選を味わった中村は同年8月、24歳の時にイタリアへと渡った。39歳となった今、別の道を想像することがあるという。

 

「改めて思うのは、キャリアをやり直せるなら、若い時にスペインへ行きたかった」

 

 レッジーナに3シーズン在籍し、27歳となった2005年8月にスコットランド1部セルティックへ移籍。そして31歳となった2009年6月にスペイン1部エスパニョールに加入し、2010年2月に古巣の横浜FMへ戻る形で日本凱旋を果たした。そんな中村はサッカーキャリアを白紙に戻せるのであれば、早い段階でスペインに渡りたかったと語る。

 

「海外移籍で環境がガラリと変わるなか、いろいろなものを得ようと考えれば、スペインも悪くなかったと思います。2009年にエスパニョールに行きましたが、結果的に少し遅かったという感じもある。スペインに若い時に行っていたら、また違っただろうなという気がしますね」

 

 

 

1 2 3

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト