Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表  |  海外所属選手

2017.03.16 (Thu)

ハリルはなぜ宇佐美を代表に再招集したのか チームで苦戦の“眠れる天才”を信頼する理由


今年リーグ戦出場119分の宇佐美だか、ハリル監督は「ジョーカーとして彼が最適」

 

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦(23日)と本拠地タイ戦(28日)に向けた25人の代表メンバーにアウクスブルクFW宇佐美貴史を招集した。2017年のリーグ戦プレー時間が119分で、チーム内での稼働率16.5%にとどまっている“眠れる天才”の招集は驚きを提供したが、その真意や意図は一体どういったものなのだろうか。

 

「本田(圭佑)と宇佐美のリストへの記載に疑問や質問があるだろう」

 

 メンバー発表会見の場で、FWの顔ぶれが明らかになると指揮官は自らこう切り出した。2017年以降のリーグ戦出場が皆無の本田(ACミラン)とわずか3試合の宇佐美のメンバー入りはサプライズだった。

 

 ハリルジャパンで最多の9得点を挙げている本田について、ハリルホジッチ監督は「試合に出てなくても今の代表は本田を必要としています」と絶大な信頼を明かしている。そして、同様に宇佐美についても、高評価なのは変わっていない。就任直後から一貫して招集し続けてきたまさに監督の“秘蔵っ子”は、今回の2試合でも重要な役割を担うと期待されている。

 

「宇佐美とはヨーロッパに行った時に話をした。彼の質の高さと能力を信じている。ボールを受けて自分で違いを生むという珍しいタイプの選手だ。1戦目ではまだ難しいかもしれないが、2戦目のタイ戦で良いジョーカーになってくれるのではないか。もちろん他の選択肢もあったが、ジョーカーとして彼が最適ではないかという判断でリストに入れた」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト