Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

プレイヤー  |  海外リーグ

2016.09.06 (Tue)

カナダW杯でなでしこから1得点の元アメリカ女子代表MFに脳腫瘍が発覚 第一子出産後に手術へ


15年に引退したローレンさんを襲った悪夢 NBA選手の夫は看護のため離脱

 

 2015年の女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝でなでしこジャパン相手にゴールを決め、優勝に貢献していた元アメリカ女子代表MFローレン・ホリデーさんが病と闘っていることが明らかになった。米テレビ局「NBC」が報じている。

 

 28歳のローレンさんはアメリカ女子代表通算133試合出場の実績を持ち、15年W杯優勝を最後に現役を引退していた。現在第一子を妊娠中だが、深刻な頭痛に苦しみ、精密検査を受けたところ脳腫瘍が発覚したという。

 

 夫のNBAニューオーリンズ・ペリカンズのポイントガード、ジュルー・ホリデーは妻の看護のためバスケットボールから一時離れ、ローレンさんは出産まで手術を見合わせるとレポートされている。

 

「ローレンは間違いなくファイター。最もタフな女性だ。だからこそ、僕は彼女と結婚したんだ。みんな僕の家族のために祈っていてください」

 

 夫のホリデーはこう声明を発表している。NBCは「女子サッカー代表の英雄と夫のジュルーに妊娠中の悪夢」と報じており、母子の無事を祈る声が高まっている。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

<  前の記事 次の記事  >