宇佐美に“ゴール指令”!? デュッセルドルフ市長がインゴルシュタット戦の得点者に予想

デュッセルドルフ市長がインゴルシュタット戦の得点者に宇佐美を予想【写真:Getty Images】
デュッセルドルフ市長がインゴルシュタット戦の得点者に宇佐美を予想【写真:Getty Images】

次節は関根が所属するインゴルシュタットと対戦 リーグ優勝に向け負けられない戦いに

 欧州各国リーグはシーズンの佳境に突入。ドイツ2部も残り4試合となり、優勝争い、昇格争いが熱を帯びてきた。現在、日本代表FW宇佐美貴史とFW原口元気が所属するデュッセルドルフが首位に立つが、2位とはわずか2ポイント、3位とも4ポイント差と予断を許さない状況だ。22日のリーグ第31節では7位のインゴルシュタットと対戦するが、デュッセルドルフ市長は宇佐美のゴールで勝利すると予想している。ドイツ紙「エクスプレス」が報じた。

 宇佐美は現地時間14日のリーグ第30節ハイデンハイム戦で鮮やかなカーブショットを決めて今季リーグ戦7得点目を記録したが、チームは1-3で敗戦。第28節のダルムシュタット戦(0-1)から3連敗となり、リーグ優勝目前で足踏みをしている。

 22日にはMF関根貴大が所属するインゴルシュタットをホームに迎え撃つが、「エクスプレス」紙はデュッセルドルフのトーマス・ガイゼル市長にインタビューを実施。「フォルトゥナはエキサイティングなシーズンのフィナーレを迎えようとしている」と記し、2012-13シーズン以来となる1部昇格を目指すチームについて訊いている。

 記事によれば、ガイゼル市長は「私たちはあそこに行きたい」と市庁のバルコニーを指差し、高らかに“優勝宣言”。また、インゴルシュタット戦の結果についても占い、「デュッセルドルフが2-1で勝利」「ウサミとベニト・ラマンのゴール」と予想している。

 日本企業のイベントに参加するなど、日出ずる国と接点のあるガイゼル市長も、宇佐美を優勝のキーマンの一人と考えているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング