「アジア人選手ベスト50」を英誌選出 31~50位に本田圭佑ら日本人選手6人

31~50位の上位三人(左から)大迫勇也、酒井高徳、本田圭佑【写真:Getty Images】
31~50位の上位三人(左から)大迫勇也、酒井高徳、本田圭佑【写真:Getty Images】

タイのメッシことチャナティップが49位、本田は42位にランクイン

 英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、毎年恒例となっている「アジア人選手ベスト50」企画を実施。世界でプレーする全てのアジア人選手を対象に、カウントダウン形式で発表される。まずは50位から31位が公開され、日本人選手ではパチューカの日本代表FW本田圭佑らがランクインした。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 最初に登場した日本人は、柏レイソルの日本代表GK中村航輔だ。「すでに日本で最高のGKとしての地位を確立している」と評価された23歳の守護神は、“先鋒”の50位で登場。寸評では今後1年以内に欧州のクラブに向かうことになるだろうと展望しており、世代を代表するタレントとして注目されている。

 Jリーグ組では、“タイのメッシ”こと北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップが49位、昨季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で大会MVPに輝いた浦和レッズのMF柏木陽介が45位に入った。

 注目の海外組では本田が42位にランクイン。ワールドカップ(W杯)2大会で得点を挙げている唯一の日本人選手として紹介され、昨季のクラブW杯ではパチューカの一員としてプレーしてチームを3位に導く活躍が評価された。

 その他、「舞台の演出家」として表現されたアンデルレヒトの日本代表MF森岡亮太が43位、昨季からクラブのキャプテンを担うハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が40位となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング