宇佐美貴史、芸術的なミドル弾! “カーブショット”に称賛「凄い」「アンリかよ」

宇佐美貴史が、芸術的なミドルを決めた【写真:Getty Images】
宇佐美貴史が、芸術的なミドルを決めた【写真:Getty Images】

ハイデンハイム戦に先発の宇佐美、エリア左から鮮やかなミドルシュートで同点弾

 ドイツ2部デュッセルドルフは現地時間15日、リーグ第30節ハイデンハイム戦に臨み、1点リードされた後半6分に先発出場の日本代表FW宇佐美貴史が鮮やかなミドルシュートで同点ゴールを叩き込み、今季リーグ7ゴール目をマークした。

【PR】ブンデスもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!初月、無料登録実施中!

 首位を走るデュッセルドルフだが、前半23分に先制点を献上。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半6分に33番を背負う日本人アタッカーが魅せる。

 相手ペナルティーエリア左前で横パスを受けた宇佐美は相手DFと対峙。小刻みなタッチでドリブルを仕掛けると、細かいタッチからわずかにボールを右へ動かし、巧みにシュートコースを作り出して右足を振り抜く。カーブがかかった一撃に対して相手GKは全く動けず、圧巻のシュートがゴール右上に吸い込まれた。

 宇佐美が4試合ぶりにゴールを決めると、DAZN公式ツイッターもゴール動画を配信。「宇佐美貴史がゴラッソを沈めた!! ペナルティーエリア左手前から芸術的なコントロールショット」と称賛した。返信欄では「凄いな。アンリかよ」と称賛の声が上がっている。

 試合はデュッセルドルフが追いつくも、後半11分、34分に再び被弾。1-3と敗れ3連敗となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング