日本代表・西野新監督の手腕を韓国紙が疑問視「神戸で解任、名古屋でBクラス」

日本代表の新指揮官に就任した西野氏【写真:Getty Images】
日本代表の新指揮官に就任した西野氏【写真:Getty Images】

西野新監督について「Jリーグで最も攻撃的なサッカーを見せたリーダー」と評価するも…

 日本サッカー協会(JFA)は9日、7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した一方、技術委員長を務めていた西野朗氏が後任の座に就くことが決まった。西野新監督の実績を評価しつつも、「神戸で解任、名古屋でBクラス。現場を離れて2年の空白。A代表チームを指揮した経験がない」と韓国紙「スポーツソウル」が手腕に疑問を呈している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「2016年から技術委員長として日本代表に関与してきたので、選手たちの特徴とチームの事情もよく知っていることが抜擢理由」と記したのは、韓国紙「スポーツソウル」だ。事実ロシア・ワールドカップ(W杯)が2カ月後に迫っており、外部から指揮官を招聘してゼロからチーム作りを図る難しさを考えれば、協会内部での人事は自然な流れだろう。

「自分たちのスタイル(パスサッカー)にこだわって惨敗したブラジルW杯の反省を踏まえて、日本はカウンタースタイルの確立を目指してハリル監督を迎え入れた。しかし、今になって“服が合わない”と判断した」

 後任に指名された西野氏は、日本代表監督初就任。1996年アトランタ五輪代表を率い、初戦でブラジルに1-0と勝利する「マイアミの奇跡」を起こした。その後は柏レイソル(1998年~2001年7月)、ガンバ大阪(2002年~2011年)、ヴィッセル神戸(2012年5月~同年11月)、名古屋グランパス(2014年から2015年)の監督を歴任。G大阪監督時代には攻撃的なサッカーを確立してJリーグ優勝、AFCチャンピオンズリーグ制覇を果たしている。

 だが、同紙は西野手腕に懐疑的なようだ。「かつてJリーグで最も攻撃的なサッカーを見せたリーダーとしての名声を馳せた人物である。しかし、それは今から6〜8年前の話だ」と記し、さらに次のように続けている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング