アーセナルサポーターが、マンUの抱えるデ・ヘア問題のチャントを大合唱

「マドリードに移籍するデ・ヘア」とチャントを歌う

 アーセナルサポーターが、去就の騒がれるマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアの移籍を歓迎するチャントを歌ったと、英地元紙「メトロ」が伝えている。

 マンUは17日、ホームで行われたプレミアリーグ第37節でアーセナルと対戦し、1-1で引き分けた。

 マンUのホーム最終戦は、3位アーセナルを迎え、UEFAチャンピオンズリーグのストレートインを勝ち取るための重要な一戦でもあった。

 そんな中、敵地に赴いたガナーズサポーターが、デ・ヘアの移籍問題を皮肉ったチャントを歌ったことが話題を呼んでいる。

 今季の年間ベストイレブンにもノミネートされたデ・ヘアは、長きに渡り、レアル・マドリードから関心を寄せられてきた。クラブ側は慰留のため、ゴールキーパー史上最高額の年俸を提示しているものの、いまだ合意には至っていない。一部のメディアでは、レアルとの個人合意がなされたという報道までされている。

 絶対的守護神の去就に揺れるマンUに対し、ガナーズサポーターは「マドリードに移籍するデ・ヘア」と大合唱。ライバルの正GKが国外に去ることを歓迎していた。

 ルイス・ファン・ハール監督も試合後、スペイン代表GKの去就について「難しい状況だ」と慰留に消極的な姿勢を見せていた。この試合がデ・ヘアにとってオールド・トラッフォードでのラストゲームとなってしま うのか。その可能性は高まってきているようだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング