W杯“当確”のブラジル代表GK、レアル移籍の噂に言及 「自分には夢も目標もある」

ローマの正守護神・アリソンがレアル移籍の噂に言及【写真:Getty Images】
ローマの正守護神・アリソンがレアル移籍の噂に言及【写真:Getty Images】

ローマの正守護神となったアリソン「第2GKでも自分を過小評価することはなかった」

 ローマのブラジル代表GKアリソンは、“白い巨人”ことレアル・マドリードが獲得を狙っていると報じられている。25歳の守護神はブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」のインタビューに応じ、「自分には夢も目標もある」と胸中を明かしている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 アリソンは今季ローマ2年目を迎えたが、昨季はポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーの控えに甘んじ、リーグ戦出場はゼロだった。しかし、今季はシュチェスニーがユベントスに移籍したことで正GKに“昇格”。欧州チャンピオンズリーグ(CL)でローマがベスト8進出を果たす立役者になるなど、活躍を見せている。

「第2GKであっても、自分を過小評価することはなかった。思うようなプレー機会は得られなかったが、イタリアサッカーを理解して経験を積むという意味では良い時間だったと言える。もちろん、最初の年から正GKであったとしても、継続的に良い仕事をできたと信じているけどね」

 記事によれば、アリソンはこのように振り返ったという。昨季はシュチェスニーのパフォーマンスも素晴らしかっただけに、結果的には良い順応期間になっていたのだろう。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング