中島翔哉にマンUが興味か 現地紙が関心報道「夏にアジア人選手を連れて行くだろう」

現在ポルトガル1部のポルティモネンセでプレーする中島翔哉【写真:Ana Borralho/Portimonense】
現在ポルトガル1部のポルティモネンセでプレーする中島翔哉【写真:Ana Borralho/Portimonense】

日本代表初選出翌日に今季7アシスト目 好調のアタッカー獲得に“赤い悪魔”の名も浮上

 ポルトガル1部ポルティモネンセのMF中島翔哉は、3月に欧州遠征を行う日本代表のメンバーに初選出された。初の海外挑戦ながら確かな活躍を見せており、「中島株」はさらに上昇。“赤い悪魔”として知られる世界的ビッグクラブも関心を示しているという。ポルトガル紙「O JOGO」が報じた。

 中島は昨年8月にFC東京からポルティモネンセに期限付き移籍。リーグ戦23試合に全て先発出場し、リーグ7位タイの9得点、7アシストとチームの顔として攻撃を牽引している。

 15日に発表された日本代表メンバーでは、26名中唯一の初選出。バヒド・ハリルホジッチ監督から「ドリブラーでこれだけ俊敏で爆発的なものがある選手は日本にはなかなかいない。爆発的なスピードがあるので、1対1で抜けるのではないか」と言及されるなど、個人で局面を打開できる能力を高く評価された。

 翌16日のリーグ第27節セトゥーバウ戦(1-1)では、前半14分に左サイドを抜け出すと、ゴール前のMFデネルにダイレクトでクロスを送り、同点弾を演出。代表招集を自ら祝うかのように今季7アシスト目を決めた。中島にはこれまで、ポルトガルの強豪FCポルトやベンフィカ、MF香川真司が所属するドイツのドルトムントなど複数クラブが獲得候補として名前が挙がっていたが、“赤い悪魔”も関心を示しているようだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング