「えぐい」「ゴッド」 堂安律、“消えるドリブル”の動画公開で反響止まず

オランダ1部のフローニンゲンに所属する堂安律【写真:FC Groningen】
オランダ1部のフローニンゲンに所属する堂安律【写真:FC Groningen】

9試合連続スタメンの堂安、話題となった華麗なテクニックを自らSNSに投稿

 オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律が、強烈な存在感を放っている。現地時間11日のリーグ第27節ズウォーレ戦(2-0)で9試合連続の先発出場を飾ると、2得点に絡む活躍で勝利に貢献。その試合で見せた“消えるドリブル”の反響が広がり続けている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 堂安が先発出場したズウォーレ戦は、前半25分に右サイドからFWトム・ファン・ヴェールトが中央に折り返したところに堂安が走り込むと、オウンゴールを誘ってフローニンゲンが先制。さらに後半45分、右サイドでボールを持った堂安を起点に、MFジュニーニョ・バクナ、オーストラリア代表MFアイディン・フルスティッチとつなぎ、追加点を奪った。

 衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版は、後半開始直後のワンプレーに着目。サイドのタッチライン際で左足インサイドでトラップを決めた堂安が、左足でボールを浮かせて進行方向から飛び込んできたマーカーをかわすと巧みに体を入れ替え、スペースが生まれた右サイドをドリブルで駆け上がった。これを「ドウアン・リツが消えた」と紹介すると、「怪物」「ドウアン=スタープレーヤー」「彼は宝石のように輝ける」と反響を呼んでいたが、堂安も自身のインスタグラムに同様の動画をアップした。

 両目と、両手を交差させたNGサインの絵文字のみを綴った投稿には、「やばいえぐい神ゴット」「うめえ」「ナイスタッチ」と再び称賛コメントが並んだ一方、「ロシア呼ばれてください」と日本代表に推す声も上がっていた。

 まだA代表経験のない堂安だが、海外組では好調を維持している選手の一人だけに、“サプライズ選出”を期待されるのも不思議はない。3月15日に行われる欧州遠征(23日マリ戦、27日ウクライナ戦)のメンバー発表で、果たしてその名は呼ばれるだろうか。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング