“アシスト王”エジル、アーセナル通算100ゴール関与 ELミラン戦で2得点演出し到達

アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルは現地時間8日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16、ACミランとの敵地第1戦に挑み、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのゴールをアシストするなど2アシストを記録して勝利に貢献した。そして、この二つのアシストによってエジルは、アーセナルで通算100ゴールに関与したことになったと英紙「ザ・サン」が報じている。

“アシスト王”エジル、アーセナル通算100ゴール関与【写真:Getty Images】
“アシスト王”エジル、アーセナル通算100ゴール関与【写真:Getty Images】

公式戦190試合で37得点63アシスト 1試合平均「0.53ゴール」に関与

 アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルは現地時間8日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16、ACミランとの敵地第1戦に挑み、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのゴールをアシストするなど2アシストを記録して勝利に貢献した。そして、この二つのアシストによってエジルは、アーセナルで通算100ゴールに関与したことになったと英紙「ザ・サン」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 公式戦で4連敗を喫するなど、アーセナルにとって苦しい時期が続いていたなか、アウェーで迎えたミラン戦は大きな重圧のかかる一戦だった。しかし、その状況を振り払ったのが、アーセナルの“アシストキング”だった。

 ドイツ人のプレーメーカーは、前半15分にムヒタリアンの先制点をアシストすると、前半アディショナルタイム4分にはウェールズ代表MFアーロン・ラムジーへ絶妙なスルーパス。相手の最終ラインを完全に崩すと、ラムジーはGKをかわして無人のゴールに流し込んだ。このまま試合は終了し、エジルの活躍によってアーセナルはベスト8進出に向けて大きな勝利をつかむことに成功した。

 先月に新契約を結んだばかりのエジルは、この二つのアシストによってアーセナルでの100得点目の関与を達成した。そしてこの記録の凄いところは、なんと言ってもアシスト数の多さだろう。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング