J1第3節「全9試合の注目ポイント」をチェック 名古屋、広島、仙台の開幕3連勝なるか

中村憲剛(川崎フロンターレ)、伊藤純也(柏レイソル)、青山敏弘(サンフレッチェ広島)【写真:Getty Images】
中村憲剛(川崎フロンターレ)、伊藤純也(柏レイソル)、青山敏弘(サンフレッチェ広島)【写真:Getty Images】

クルピ新体制のG大阪は早くも正念場、2連勝の広島は強豪からアウェー連勝なるか

 J1の第3節が10日と11日に開催される。全チームがミッドウィークにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)あるいはルヴァン杯の試合を消化しているため、どのチームにとっても先週末の第2節から短期間での3連戦となるが、J1第3節の注目ポイントを探っていく。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 まず昨季のリーグ王者、川崎フロンターレはホームにガンバ大阪を迎え撃つ。ACLでは敗退危機に瀕しているが、リーグでは1勝1分と上々の滑り出し。一方のG大阪は2連敗スタートで、7日のルヴァン杯ではサブ組中心のサンフレッチェ広島を相手に0-4と大敗。レヴィー・クルピ新監督の船出は早くも正念場を迎えている。川崎がリーグでの好調を印象付けるのか、G大阪が復活の狼煙を上げるのか注目だ。

 柏レイソルはホームにセレッソ大阪を迎え撃ち、ACL出場チーム対決となる。両チームともにミッドウィークのACLでは主力を温存したが、柏は途中交代でFWクリスティアーノとMF伊東純也を投入して勝利し、C大阪は遠征回避の選手が多くいたなかで敗戦と明暗が分かれた。ACL出場クラブは、春先の過密日程をいかに乗り越えるかがリーグ戦の成績に影響を与えるだけに、この直接対決の結果はポイントになりそうだ。

 城福浩新監督の下でリーグ2連勝と好調な広島は、“常勝軍団”鹿島アントラーズとのアウェー戦に臨む。前節に昨季アジア王者の浦和レッズのホームで逆転勝利を収めた勢いそのままに、強豪クラブからのアウェー連勝を狙う。一方の鹿島は、主力のMF遠藤康が約6週間の負傷離脱という悲報も入った。広島がルヴァン杯で総入れ替えをしているのに対して、鹿島はACLのゲームでオーストラリア遠征から帰国したばかりの一戦だけに、ホームとはいえ簡単な試合にはならないだろう。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング