宇佐美の鮮やかな“低弾道ミドル弾”を独メディア絶賛 「ウサミの前に無力だった」

ザンクトパウリ戦で1ゴール1アシストと活躍の宇佐美、20メートル弾で原口と抱擁

 ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は現地時間4日のリーグ第25節ザンクトパウリ戦に先発出場。決勝点を含む1得点1アシストの活躍で2-1での勝利に貢献。3試合連続得点となる左足ミドルシュートは現地メディアでGKを無力化したと絶賛されている。ドイツメディア「RPオンライン」が報じた。

 デュッセルドルフは前半9分に宇佐美の右CKからDFアンドレ・ホフマンが先制点を奪った。そして後半29分にはピッチ中央で受けた宇佐美がワントラップで前を向き、そのままの流れで左足を一閃。ゴールまで約20メートル、低い弾道のシュートが相手GKの手を弾いてゴール右隅に流れ込んだ。

 宇佐美の3試合連続ゴールについて記事では「直前に(ザンクトパウリGKロビン・)ヒンメルマンはオリバー・フィンクのシュートを防いだが、ウサミの18ヤードのショットの前には無力だった」と記されている。

 宇佐美は利き足とは反対の左足でシュートを正確にゴール隅に打ち抜き、チームに4試合ぶりの勝利をもたらす貴重な得点を挙げた。

  ゴール後には日本代表FW原口元気と抱き合って喜びを爆発させた宇佐美。ドイツでは苦戦続きだった宇佐美がようやくその才能の片鱗を見せている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 


今の宇佐美貴史を何が何でも見逃すな。DAZN無料登録開催中!



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング