北朝鮮戦はハリルJ史上最低の観客数 93年以降でワースト何位? そして最多試合は?

北朝鮮戦の観衆は2万806人、味の素スタジアムの収容率は約42%

 日本代表は9日、E-1選手権初戦の北朝鮮戦で終了間際にMF井手口陽介(ガンバ大阪)が劇的な決勝ゴールを決めて1-0と辛勝した。味の素スタジアムで行われた一戦は、観客2万806人と発表されたが、ハリルジャパン体制では過去最低の数字となっている。Jリーグが発足した1993年以降、日本で行われた代表戦において今回の観客数はワースト何位になるのか見ていきたい。

【一覧】日本代表ホーム試合「観客動員数トップ20&ワースト20」

 日本にとって大会初戦の北朝鮮は、気温7度、土曜日の19時15分に東京の味の素スタジアムでキックオフ。序盤こそ日本がボールを保持して主導権を握ったかに思われたが、徐々に北朝鮮が盛り返し、日本は何度もピンチを招いた。この日A代表デビューを飾ったGK中村航輔(柏レイソル)がビッグセーブを何度も見せてピンチを凌ぎ、後半アディショナルタイム3分に井手口がミドルシュートを叩き込んで1-0勝利。国内組で臨んだFIFAランク55位の日本は、同114位の北朝鮮に最後まで苦しめられた。

 東アジアの覇権を争う大会の初戦ながら、観客動員は今一つ伸びず、公表された観客数は2万806人。会場となった味の素スタジアムは、Jリーグ公式サイトによれば収容可能人数4万8999人となっており、収容率は単純計算で約42%にとどまっている。

 今大会は海外組への拘束力が生まれる国際Aマッチデーの開催ではなく、国内組のみで臨んだという点を差し引いても、北朝鮮戦の観客数が低調だった感は否めない。実際、ハリルホジッチ体制となった2015年3月以降、ホームゲーム計19試合においてワースト記録となってしまった。

 では、Jリーグが発足した1993年以降の代表ホームゲームにおいて、今回の観客数はワースト何位になるのだろうか。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング