「夢は膝よりも価値があった」 靭帯損傷のイブラに捧ぐ“不屈の天才”バッジョの名言

34歳で全治6カ月の重傷もW杯出場を目指し77日で復帰 英紙が当時のインタビューを再掲載

 マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、膝の十字靭帯の負傷で手術に追い込まれる重傷を負ったが、英紙「デイリー・スター」はキャリアの中で膝の負傷に苦しみ、「ガラスの膝を持つ天才」と称された元イタリア代表FWロベルト・バッジョのインタビューを再掲載している。

 バッジョは若き日に右膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、それ以来、キャリアは負傷と隣り合わせのものになった。そして34歳だった2001-02シーズンの1月31日には、左膝前十字靭帯を損傷。全治6カ月の診断を受けたが、02年日韓ワールドカップ(W杯)への出場を目指す強い意志の下に、わずか77日後の4月21日に復帰を果たしている。その当時を振り返ったものが再掲載された。

「難しい作業だったことを覚えている。私はジムに1日10時間を超えて滞在したこともあるし、酷い痛みだったことも覚えている。私の周りには多くのリハビリ仲間がいたが、誰もが私よりも若い選手たちだった」

 34歳になった当時、復帰を目指す選手たちの中では最年長だったという。キャリアの終盤に差しかかるなかで、1日の半分かそれ以上の時間をジムで過ごす過酷な時期を振り返っている。そして、当時の強烈な痛みと復帰への思いをこのように語っていたという。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」