決断にノーリアクション!? 57歳カズ、JFL鈴鹿移籍に家族は「お肉屋さんにまた行きたいと」

三浦知良が家族とのエピソードを語る【写真:河合 拓】
三浦知良が家族とのエピソードを語る【写真:河合 拓】

鈴鹿移籍決定も「反応は別になかった」

“カズ”こと元日本代表FW三浦知良は6月25日、J2横浜FCからJFLアトレチコ鈴鹿へ期限付き移籍することが発表された。同日に国立競技場で記者会見を開き、今回の移籍に関して家族は「リアクションはない」と明かしている。

 カズは2022年に経営陣が刷新前の鈴鹿ポイントゲッターズでプレー。JFLでは18試合に出場して2得点、55歳246日でJFL最年長ゴール記録を保持している。23年には鈴鹿の期限付き移籍が満了となり、ポルトガルへ挑戦。同2部オリベイレンセでは2シーズンでリーグ計8試合に出場し、ポルトガル史上最年長出場記録を更新した。

 今回、今年1月と4月にオファーがあったという鈴鹿で再びプレーすることになったカズ。57歳で今なお現役を続けるモチベーションについて、「情熱は本当に常に高いというか、衰えることがない。このようにチームがオファーしてくれることだったり、もう1つこうやってみなさんが集まってくれることもそう。サポーターの1人1人の声だったり、そういうものを含めて、もちろん自分の情熱もそうですが、まだまだグラウンドで戦える情熱がある。その意味で辞める選択はないなと思っています」と力強く語った。

 また、移籍決断に関する家族のリアクションを問われると、「正直に言っていいですか? 何も言っていません。本当に何も言っていません。リアクションはないですね。その話、会話が出てこない。帰ってきて、『次どこでやるの?ポルトガル? ブラジル? また海外?』という程度。鈴鹿に決まった時に反応は別になかったですね。『まと場』っていうお肉屋さんがあるんですけど、『またそこにいきたい』っていうくらいで本当になかったです」と明かしていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド