リバプールが熱視線22歳日本人MFは「南野拓実に例えられる」 新幹部が注目「逸材」に現地注目

欧州名門から注目を集める鈴木唯人【写真:徳原隆元】
欧州名門から注目を集める鈴木唯人【写真:徳原隆元】

鈴木唯人の去就報道が過熱

 デンマーク1部ブレンビーIFのMF鈴木唯人は、直近6試合で6ゴール4アシストと絶好調で欧州ビッグクラブからも注目を浴びている。現地時間4月28日のプレーオフ・グループA第5節ノアシェラン戦(1-1)で先制ゴールをマーク。リバプール専門メディア「Rousing The Kop」は鈴木唯人のプレースタイルは南野拓実に例えられると評価した。

 22歳の鈴木は昨夏、清水エスパルスからブレンビーへ4年契約で加入。昨年10月のリーグ第10節ビドゥビレIF戦(3-0)で移籍後初得点をマークすると、第13節ノアシェラン戦(2-1)で初スタメンを勝ち取り、徐々にプレータイムを伸ばしてきた。

 レギュラーシーズン最終戦となった第22節シルケボーIF戦(4-1)でハットトリックを達成すると、プレーオフラウンドでは4試合2得点4アシストの活躍でノアシェラン戦を迎えた。この一戦でもGKとの1対1を制して、ゴール左隅に流し込んで、直近6試合で6ゴール4アシストとした。

 絶好調の22歳MFにはデンマークメディア「Bold.dk」により、マンチェスター・シティやリバプール、レアル・ソシエダ、アヤックスなど12クラブが視察に訪れたと報道された。これらを受け、欧州では去就報道が過熱。リバプール専門メディア「Rousing The Kop」はフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)のフットボール部門CEOに復帰した元スポーティングディレクターのマイケル・エドワーズ氏が獲得する人材として「うってつけ」と伝えた。

 エドワーズ氏はデータ調査に基づいて逸材を発掘するチームも強化したいと考えているようで、まだ欧州での実績や知名度が乏しい鈴木は「うってつけ」だという。特徴的には「非常に万能な選手で南野拓実に例えられている。南野のように鈴木は前線のうちどこでも配置できる。また両足を使うのが得意という非常にユニークな能力を持ち、今季は左足、右足で得点している」と伝えられた。

 エドワーズ氏の手腕を発揮して「かつて彼が獲得したがっていた、リバプールにとって完璧な隠れた逸材になる可能性がある」と指摘した。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド