川崎MF家長昭博が見たイニエスタ 「試合をやっていると思っていない」感覚とは?

川崎の元日本代表MF家長昭博と神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:小林 靖 & 徳原隆元】
川崎の元日本代表MF家長昭博と神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:小林 靖 & 徳原隆元】

西大伍の公式YouTubeチャンネルにゲストで登場

 川崎フロンターレの元日本代表MF家長昭博が、1学年下の北海道コンサドーレ札幌の元日本代表DF西大伍の公式YouTubeチャンネルにゲストで登場。トークの中で、ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて語っている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 家長はガンバ大阪でプロキャリアをスタートさせ、大分トリニータ、セレッソ大阪を経て、2011年にスペイン1部マジョルカは移籍。その後、韓国1部蔚山現代、G大阪への期限付き移籍を経てマジョルカに復帰し、14年にJリーグへ復帰。大宮アルディージャで3年間プレーしたのち、17年からは川崎でプレーしている。

 18年にはJリーグシーズンMVPを受賞、3年連続ベストイレブンも受賞するなど、36歳となった今も衰えを感じさせない。そんな熟練の天才アタッカーが、西大伍の公式YouTubeチャンネルに登場し、世界的名手のイニエスタについて語った。

 西から「神戸から(獲得の)声がかからなかったですか?」と尋ねられた家長は、「全然。イニエスタに耳打ちしたらいけるんちゃうかなと思って(笑)」とお茶目に回答。話題はイニエスタの“上手さ”についてになった。

「あの人(イニエスタ)、試合をやっているとたぶん思っていない。いい意味で、ミニゲームをやっている感覚で試合に出ている。人と違うところも見えるだろうし、人と違う発想も出るだろう。緊張も感じられない。全員がそういうタイプだとダメだけど、イニエスタはバランスが突出している。試合中に一瞬だけギア上げる時とか、出そうと思ったら出るんやと思う。相手にこられた時の反応スピードとか速い」

 2019、20年に神戸でイニエスタと共闘した西も、家長の意見に同調していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド