現役引退の槙野へ 森重ら現役選手も多くのメッセージ 「マキがいたから成長できた」「調子乗り世代の誇り」

現役引退を発表した元日本代表DF槙野智章【写真:高橋 学】
現役引退を発表した元日本代表DF槙野智章【写真:高橋 学】

出演したテレビ番組内で発表、今後は指導者の道へ

 J1ヴィッセル神戸に所属する元日本代表DF槙野智章が12月25日、日本テレビ「Going!!Sports&News」に生出演し、自身の現役引退を発表。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 サンフレッチェ広島ユース出身の槙野は、2006年にトップチームに昇格。ドイツ1部ケルンを経て12年に浦和へ加入し、長年最終ラインのレギュラーとしてルヴァンカップ優勝(2016年)、AFCチャンピオンズリーグ優勝(17年)、天皇杯優勝(18年)など、タイトル獲得に貢献した。

 その後21年11月に契約満了で浦和を離れ、2022シーズンから神戸へ移籍。チームは残留争いに巻き込まれる苦しい1年を過ごし、槙野自身も怪我の影響もありJ1リーグ戦16試合1ゴールにとどまっていた。

 発表を受けて現役選手もSNS上で反応。ジュニアユース時代に同期のFC東京DF森重真人は「同い年で同じ町で一緒にサッカーして小学校からずっと共に旅してきた1番の仲間 今も昔も変わらずよく喋ってよく笑わせて誰よりもサッカーを楽しんで マキがいたから俺も成長できた 思いはここに書ききれないけどひとまずお疲れ様でした でもこれからも楽しみなのは俺だけじゃない とりあえず会見を観る」とメッセージを送っている。

 さらに神戸で同僚のMF小林祐希は「槙野くん、お疲れ様でした! これからが楽しみです!」、FC町田ゼルビアDF太田宏介は「智章、現役生活お疲れ様でした!87年生まれ、調子乗り世代の誇り。Going!を見ながら鳥肌立ちまくり。いつも刺激を与えてくれてありがとう」とこれからの活躍を願う言葉や、これまでの感謝を述べていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド