「あんな感情表してたんだ」 鎌田大地が右手パンチ、カナダ戦失点後の“激情”に驚き「誰よりも熱い」

日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

PKで逆転ゴールを献上、鎌田大地の“悔しさ露わ”のシーンが話題

 森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けドーハでトレーニングに励むなか、日本サッカー協会(JFA)の公式YouTubeチャンネル「JFATV」では、11月17日に行われたカナダ代表戦の舞台裏を公開。失点時にMF鎌田大地(フランクフルト)が感情を表したシーンに反響が寄せられている。

 ベースキャンプ地であるカタールのドーハからアラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ出向いてカナダと対戦した日本は前半9分、MF柴崎岳(レガネス)からの浮き球パスに反応したMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が右足で合わせ先制。しかし、その後は徐々に自陣でプレーする時間が長くなり、同21分に右コーナーキックの流れから同点ゴールを許す。

 後半に入り、MF堂安律(フライブルク)、FW上田綺世(セルクル・ブリュージュ)、MF鎌田大地(フランクフルト)らをピッチに送り込み追加点を狙ったものの、後半アディショナルタイムにDF山根視来(川崎フロンターレ)がPKを献上。これをFWルーカス・カバリーニに決められて1-2で敗れた。

 W杯の初戦・ドイツ代表戦に向け攻守両面で課題が浮き彫りとなる敗戦となったなか、この一戦の舞台裏シーンが「JFATV」でアップ。とりわけ注目を集めたのが、鎌田がPKによる失点時に悔しさを露わにした場面だ。相手FWカバリーニがチップキックで柔らかいボール放つパネンカでゴールを決めると、それを見届けた鎌田は右手を大きく振り上げ、ピッチを激しく叩きつけた。

 クールな印象を放つ鎌田だが、このシーンでは悔しさから感情をむき出しに。ファンからは「ニヒルでクールって印象だけど実は誰よりも熱い」「あんな感情表してたんだ」「悔しがり方好き」「本気度が伝わる」などの声が寄せられ、意外な熱い振る舞いに熱視線が注がれていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド