横浜FM、浦和戦で快勝も優勝決まらず…指揮官は最終節へ切り替え 「やるべきことは1つ」

横浜FMケビン・マスカット監督【写真:小林 靖】
横浜FMケビン・マスカット監督【写真:小林 靖】

浦和に4-1の快勝も2位川崎が神戸に勝利したことで優勝は決まらず

 横浜F・マリノスのケビン・マスカット監督は10月29日のJ1リーグ第33節・浦和レッズ戦に4-1で勝利した試合後に「次の試合でやるべきことは1つ。勝利だけ」と、最終節を見据えて語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 このゲームで横浜FMは自分たちが勝利した上で、2位の川崎フロンターレがヴィッセル神戸を相手に引き分け以下で終わると優勝が決まる状況だった。浦和が人数を合わせてピッチ上に1対1を多く作る戦術に出る中で、横浜FMは局面を上回りながら前半だけで2ゴール。

 後半に入っても相手からのボール奪取とセットプレーで2ゴール。FWアンデルソン・ロペスとFWエウベルがそれぞれ2得点し、浦和の反撃をFWキャスパー・ユンカーの1ゴールに抑えた。川崎が神戸に2-1で勝利したため今節での優勝は決まらなかったが、勝ち点2のリードを維持して最終節を待つことになった。

 マスカット監督は「特別な夜だった。ホーム最終戦で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。先制点はどのゲームでも重要。それによってはどうなるか分からない展開になる。今日のゲームはエナジーを選手たちが十分に出し続けて表現してくれた。どうやってこのゲームに入るかの部分は、(見せた)サッカーが語ってくれた。努力が実ったと思う。このようなビッグゲームでパフォーマンスを出せる選手たち、クラブを誇りに思う。クラブにとっても素晴らしいゲームになったと思う」と話した。

 ここ2試合連続でガンバ大阪とジュビロ磐田に敗戦したが、2週間強の準備期間で立て直した。このゲームではマリノスらしくアグレッシブな姿勢を見せ続け、指揮官も「この前のガンバとジュビロの試合について話すのはまだ早いと思う。シーズンが終われば、あの時はこうだったなと言えるかもしれない。色々なことがピッチ内で起こったかもしれないが、まだ何も成し遂げていない。明日もスタッフが集まって今日の試合を振り返り、次の神戸戦に向けて準備する」とコメントした。

 11月5日の最終節では、この日に川崎と接戦を演じた神戸とアウェーで対戦する。2019年以来3年ぶりのリーグタイトルへ向け、マスカット監督は「選手たちにもこの3、4か月で伝えてきたが、次のゲームにどう臨むか。1歩1歩を進むしかない。あまり飛び越えたものは人生の中ではない。1歩1歩が大事だと伝えてきた。特別な瞬間、それを最後の最後までやるのが大事。忘れられない最高の特別な瞬間をもう1度見たいと思う。次の試合でやるべきことは1つ。勝利だけ。しっかりタイトルを取って戻ってきたい」と力を込めていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング