日本代表OBのアメリカ戦「スタメン予想」 1トップの軸に古橋、“鎌田システム”採用も推奨

日本代表OBのアメリカ戦「スタメン予想」に入ったのは?【写真:高橋 学】
日本代表OBのアメリカ戦「スタメン予想」に入ったのは?【写真:高橋 学】

【専門家の目|栗原勇蔵】4バックは酒井、冨安、吉田、長友の“鉄板”の顔ぶれか

 森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦する。今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたメンバー発表まで残すところ2試合。最終確認、最後のアピールの場となるシリーズで、元日本代表DF栗原勇蔵氏はアメリカ戦の“ベストメンバー起用”を予想している。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 7月のE-1選手権は国内組のみの編成だったため、欧州組主体での実戦は6月シリーズ以来となる。特に、怪我続きで日本代表戦から遠ざかっているDF酒井宏樹(浦和レッズ)やDF冨安健洋(アーセナル)らを含めた陣容をテストできる貴重な機会だ。

 システムはカタールW杯アジア最終予選では4-3-3がメインだったが、E-1選手権に加えてドイツ入り後の紅白戦でも4-2-3-1が使われており、両パターンのテストが考えられる。ただ、いずれの形にしても守備陣の顔ぶれはGK権田修一(清水エスパルス)、DF酒井、DF冨安、DF吉田麻也(シャルケ)、DF長友佑都(FC東京)で同じだと元日本代表DF栗原氏は予想する。

「(左サイドの)三笘(薫)との連係は中山雄太が一番上手いかもしれないですが、森保監督が考えるベストメンバーとするならば、経験のある長友が有力な気がします。冨安は昨年11月以降、酒井は今年2月以降、日本代表の公式戦に出ていないことを考えれば、連係を再確認しておきたいところでしょう。伊藤洋輝がデビューした6月シリーズに酒井、冨安が出場していなかったので、左サイドバック(SB)で起用する可能性もゼロではないとは思います」

 中盤はダブルボランチか、3枚かの違いになるが、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF守田英正(スポルティング)のコンビは堅そうだ。

「守田はバランスというか、機動力と強さがある。遠藤と守田のダブルボランチは守備で安定しそうですね。3枚の場合は、W杯アジア最終予選で鉄板だった遠藤、守田、田中碧のトリオか、田中に代わって好調な鎌田大地をインサイドハーフで使うか、気になるところです」

page1 page2 page3

栗原勇蔵

くりはら・ゆうぞう/1983年生まれ、神奈川県出身。横浜F・マリノスの下部組織で育ち、2002年にトップ昇格。元日本代表DF松田直樹、同DF中澤佑二の下でセンターバックとしての能力を磨くと、プロ5年目の06年から出場機会を増やし最終ラインに欠かせない選手へと成長した。日本代表としても活躍し、20試合3得点を記録。横浜FM一筋で18シーズンを過ごし、19年限りで現役を引退した。現在は横浜FMの「クラブシップ・キャプテン」として活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」