「まさに大迫半端ない」 広島守護神、至近距離連続セーブの“超人プレー”に反響「これでなぜ代表に呼ばれないのか」

広島GK大迫敬介【写真:Getty Images】
広島GK大迫敬介【写真:Getty Images】

名古屋と0-0のドロー、広島GK大迫敬介のスーパーセーブが話題に

 サンフレッチェ広島は9月17日に行われたJ1リーグ第30節で名古屋グランパスと対戦し、0-0のスコアレスドローで終えた。この試合に先発出場した広島GK大迫敬介が見せた連続セーブが「ビッグセーブ」「このセーブやばい」と話題を呼んでいる。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 前節、優勝を争う川崎フロンターレに大敗した3位の広島は、10位名古屋の本拠地・豊田スタジアムに乗り込んだ。試合は序盤から一進一退の攻防が続き、互いにチャンスを作るも決定力を欠き、0-0のスコアレスドローで終えた。

 そんななか、大迫が後半に見せたセーブが話題に。同19分、DF塩谷司が相手FW永井謙佑にバックパスを引っ掛けられ奪われると、大迫と1対1の状況に。至近距離からのシュートを防ぐも、こぼれ球は名古屋MF森下龍矢の元へ転がる。トラップ後にシュートを放たれるも、1つ目のセーブ直後にポジションを修正し戻った大迫が、左手でスーパーセーブをしてピンチを脱した。

 一連の流れをJリーグ公式ツイッターが「魂の2連続セーブ サンフレッチェ広島の大迫敬介選手が絶体絶命のピンチを魂の2連続セーブで守り切る!!」と綴り公開した。

 この投稿にはファンから「ビッグセーブ」「救われた」「まさに大迫半端ない」「このセーブやばい」「すごい」「対応力が凄まじい」「大迫神!!」「これでなぜ代表に呼ばれないのか」と、さまざまなコメントが寄せられている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド