日本代表組が躍動、欧州日本人ゴールラッシュ! 遠藤航、鎌田大地、中山雄太…今季初ゴールの活躍

ゴールを決めたMF鎌田大地、MF遠藤航、DF中山雄太【写真:Getty Images】
ゴールを決めたMF鎌田大地、MF遠藤航、DF中山雄太【写真:Getty Images】

6月シリーズ招集の遠藤、鎌田、中山が各国リーグでゴールと躍動

 欧州各国リーグで現地時間8月13日に試合が行われ、ドイツ1部シュツットガルの日本代表MF遠藤航、ドイツ1部フランクフルトの日本代表MF鎌田大地、イングランド2部ハダースフィールドの日本代表DF中山雄太がそれぞれ今季初ゴールを決めるなど躍動し、海外日本人がゴールラッシュを見せている。

 シュツットガルトはブンデスリーガ第2節でブレーメンと対戦。DF伊藤洋輝とともにスタメン出場した遠藤が、前半38分に豪快なミドル弾を叩き込んで今季初ゴールをマークした。試合は2-2ドローに終わったものの、日本代表の中盤を支える攻守の要が圧巻の一撃で世間の耳目を集めている。

 またフランクフルトはブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンと対戦。日本代表MF鎌田大地がリーグ戦初スタメン初出場を飾ったなか、0-1と劣勢で迎えた後半3分に高速カウンターを繰り出し、味方のラストパスから最後はゴール前へ走り込んだ鎌田が冷静に右足で合わせてネットを揺らす。今季初ゴールと結果を残し、1-1ドローに貢献した。

 一方、ハダースフィールドはEFLチャンピオンシップ第3節でストークシティと対戦。最終ラインの一角で出場した中山が、0-0で迎えた前半40分に今季初ゴールを決めて先制する。後半に追い付かれたものの、2点を追加したハダースフィールドが3-1と逃げ切って今季初勝利を手にした。

 6月シリーズの日本代表戦も招集されていた遠藤、鎌田、中山は、11月のカタール・ワールドカップに向けたメンバー候補。欧州リーグで海外日本人がゴールラッシュを見せるなど存在感を示している。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」