闘莉王が独自のスルーパスを持つパサーに驚嘆「その動作していないのに」 「日本サッカー最強パサー5傑」を選出

闘莉王氏が史上最強パサーを選出【写真:荒川祐史】
闘莉王氏が史上最強パサーを選出【写真:荒川祐史】

「闘莉王TV」で日本サッカー史上最強パサーを選出

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が日本サッカー史上最強パサー5傑を選出。川崎フロンターレの司令塔として君臨し続けた元日本代表MF中村憲剛氏のスルーパスの独自性について分析している。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新企画は日本最強パサーベスト5。空間認識能力こそ一流パサーの条件に挙げている闘将は「どんどん成長してプレースタイルが変わっていた。中村憲剛。強い川崎を作ったと言っても過言ではない」と名前を挙げている。

 日本代表では同僚で、クラブレベルでは浦和レッズ、名古屋グランパス時代に敵として凌ぎを削った。そんな司令塔のパサーとしての魅力について、「油断ができない。振りが速い。膝下から『え? その動作していないのになぜ出てくるのか』(というタイミングで出てくる)」と指摘。スルーパスを放つ際、膝下の挙動のあまりの速さに注目している。

「一瞬を見逃さないために自分の足を速く振ることで、タイミングをずらすことがない。それもすごかった。動作をコンパクトにしているから。短くしているから。タイミングを逃さない」

 コンパクトで素早いキックが前線にスルーパスを量産してきた中村の真骨頂。「グラウンダーのパスの凄さは憲剛が一番。針の穴を通すような選手は今まで経験した中で、憲剛が一番」と絶賛。名手のスルーパス能力の高さに改めてスポットライトを当てる最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド