「マフィア?」 “スター軍団”レアル、CL決勝の地パリ到着の強烈オーラに驚き「これは強い」

レアルが決戦の地パリに乗り込んだ(※写真は集合写真)【写真:AP】
レアルが決戦の地パリに乗り込んだ(※写真は集合写真)【写真:AP】

5月28日、レアルとリバプールがCL決勝で対決

 スペイン1部レアル・マドリードは、現地時間5月28日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でイングランド1部リバプールと対戦する。レアルの面々が決戦の地パリに乗り込んだなか、「マフィア?」「これは強い」と話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 欧州最強クラブを決定するCLの決勝は当初、ロシアのサンクトペテルブルクで開催予定だったものの、ロシアのウクライナ侵攻を受けて舞台がフランスのパリに変更。レアルとリバプールがスタッド・ドゥ・フランスで雌雄を決する。歴代最多13度の優勝を成し遂げたレアルが勝てば記録を14に伸ばす一方、リバプールが勝利すれば通算7度目の戴冠で、優勝回数はACミランに並び2位タイとなる。

 そんな大一番に向けてCL公式ツイッターでは、レアルの招集メンバーたちがパリに到着した様子を紹介。イタリア人指揮官カルロ・アンチェロッティやエースのフランス代表FWカリム・ベンゼマをはじめ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表DFマルセロ、ブラジル代表DFエデル・ミリトン、オーストリア代表DFダビド・アラバ、ベルギー代表GKティボー・クルトワの姿を届けた。

 ブラックスーツにブラックのネクタイを合わせたスター軍団の強烈オーラに注目が集まり、「マフィア混じってません?」「これは強い」「かっこよすぎやろ」などのコメントが寄せられている。

 前身の大会を含め、レアルとリバプールが対戦するのは今回が9回目で、過去の戦績はレアルが4勝1分3敗と勝ち越し。直近では、2020-21シーズンのCL準々決勝第1戦でレアルが3-1と勝利し、同第2戦は0-0で2戦合計3-1とレアルが上回った。果たして今回はどのような結末が待っているのだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング