J1G大阪、トップチーム4名が新型コロナ陽性判定 経過報告、濃厚接触者なし…チーム活動は継続

4名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたG大阪(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
4名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたG大阪(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

クラブが公式発表

 J1ガンバ大阪が5月11日、トップチームより4名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたと発表した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 クラブは経過についても報告しており、4名は隔離対応および療養中としている。なおトップチーム関係者の濃厚接触者はおらず、今後はチーム活動を継続しながら感染拡大防止と注意喚起に取り組み、関係者などの安全確保と健康維持を最優先に関係機関の方針や行動計画に基づいて迅速に対応すると発表した。

■経過
5/10(火)午前
Jリーグ新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づき週二回実施している定期検査(抗原定性検査)において、当該者Aが陽性判定となり、医療機関にて陽性診断。

5/10(火)午後
当該者Aの陽性診断を受け、トップチーム選手・スタッフ全員(46名)を対象にPCR検査を実施したところ、新たに3名(当該者B、当該者C、当該者D)が陽性判定となり、医療機関にて陽性診断。

■陽性診断を受けた4名、現時点で認められる症状
当該者A:咽頭痛、当該者B:軽微な鼻づまり、当該者C・D:無症状

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング