相手選手に蹴りで一発退場→解雇処分 広州DF、“厳しすぎる”クラブ判断に中国メディア指摘「少しナンセンス」

広州DFグアン・ハオジン【写真:Getty Images】
広州DFグアン・ハオジン【写真:Getty Images】

後半25分に広州DFグアン・ハオジンが相手の顔面を背後から蹴り、一発退場処分

 中国1部広州FCは4月15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1戦でマレーシア1部ジョホール・ダルル・タクジムFCに0-5で大敗を喫した。この試合でDFグアン・ハオジンはデュエルでもつれた相手選手に背後からキックを見舞って一発退場となっていたが、一夜明けた16日にクラブは解雇処分を発表。中国国内で波紋を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 0-4と大きくビハンドを背負って迎えた後半25分、広州FCのDFグアン・ハオジンは相手FWベルグソンともつれてピッチに倒れ込む。すると、主審に向かってファウルを主張するベルグソンの背後から、左足で左側頭部にキックを見舞ったのだ。

 グアン・ハオジンはこれで一発退場。チームも後半36分にダメ押しの5点目を奪われ、悔しい大敗となった。

 そのなかで、広州FCは4月16日、公式サイトで「グアン・ハオジンへのペナルティー決定」と題したリリースを掲載。「グアン・ハオジンは試合中に重大なファウルを犯し、クラブルールの深刻な違反となるレッドカードを科されて、一発退場させられた。厳格に管理し、同じ未来を避けるために、クラブは次のことを決定した。グアン・ハオジンに即時追放のペナルティーを与える」と綴り、グアン・ハオジンの即刻解雇、そしてヘッドコーチとアシスタントコーチの減俸処分を発表した。

 中国大手メディア「捜狐」は「少しナンセンスだ!」と見出しを打ち、「このペナルティー決定は世論の反発を引き起こした。クラブの動きは、選手にとって厳しすぎ、不公平だとみんな考えている」と、即刻解雇は厳しすぎるのではないかと、疑問視している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング