FC東京FW永井謙佑、韋駄天炸裂の約70m疾走ドリブル&圧巻帰陣に脚光 「チョッパヤ祭り!」

FC東京の元日本代表FW永井謙佑【写真:徳原隆元】
FC東京の元日本代表FW永井謙佑【写真:徳原隆元】

浦和戦で相手DF明本考浩を相手にスピードの違いを誇示

 FC東京は4月10日に行われたJ1リーグ第8節浦和レッズ戦で0-0の引き分けに終わった。そのなかで、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーさんは好プレーや珍シーンを選出する「ワッキーチョイス」で、元日本代表FW永井謙佑のダッシュにスポットライトを当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ワッキーさんが選んだのは、前半と後半の2プレー。1つ目は、前半40分、自陣右サイドでボールを拾った永井がスピードに乗ったドリブルで食らい付く浦和DF明本考浩を突き放し、敵陣のゴールライン際まで約70メートルを一気に持ち運ぶ。中央へのクロスにFWディエゴ・オリヴェイラが反応するも、うまく合わせられず、これはゴールとはならなかった。

 もう1つが後半10分のシーン。自身へのパスがカットされた直後、ドリブルで駆け上がる浦和DF明本に猛スピードで追いつき、激しいショルダーチャージで豪快にボールを奪い返して見せた。

 ワッキーさんは、「永井謙佑チョッパヤ祭り! 勝負の世界にタラレバを言ってはいけないが、もし永井が肩の脱臼ぐせがなかったらA代表にいるだろうなぁ…」と注目理由を説明している。

 今季は開幕から全7試合に出場している永井。熟練の韋駄天が、33歳となったシーズンでも存在感を示している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング