「息子は自閉症だった」 C・ロナウドの“暴行疑惑”、14歳少年ファン母親が被害告発…手にあざ&スマホ破壊「2度と試合行かない」

ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

エバートン戦後、ファンに対するロナウドの行動へ非難続々

 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間4月9日のプレミアリーグ第32節エバートン戦(0-1)後、少年ファンの携帯スマートフォンを叩き落としたとされた行為の波紋が広がっている。英メディアは被害を受けた14歳少年の母親の証言を公開。手にあざ、携帯電話の画面が割れた写真を掲載し、その詳細を報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前節のレスター・シティ戦(1-1)を欠場していたロナウドは、エバートン戦でスタメン復帰。90分間ピッチに立ち続けたもののゴールは奪えず、チームは前半27分に喫した失点により今季8敗目を喫した。すると試合後、ファンが集った選手用トンネルを抜けようとしたロナウドが、1人のファンの携帯電話を叩き壊したかのような振る舞いを見せ、その瞬間の動画がSNS上で拡散。ロナウドは自身のインスタグラム上で謝罪文を掲載したが、この行為の波紋が広がっている。

 英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、ロナウドから被害を受けた14歳エバートンファンの母親が英地元紙「リバプール・エコー」に語った暴行証言を公開。「クリスティアーノ・ロナウドが10代の息子の携帯電話を叩き壊したと母親が主張し、非難殺到」と見出しが打たれた記事では、母親の証言とともにロナウドの振る舞いにより少年の手にあざができた写真、携帯電話の画面が割れた写真も添えられている。

 母親のサラ・ケリーさんは、14歳の息子を初めてエバートンの試合へ連れてきたといい、被害に遭った瞬間についても事細かく証言している。

「息子はユナイテッドの選手たちが通り過ぎるのを撮影していた。そして、ロナウドが靴下を下ろし、足から血を流していたので、携帯電話を下ろしたんです。彼は携帯電話を下げて、それが何であるかを確かめ、声さえ出さなかった。ロナウドはその後、ひどい、ひどい気性で通り過ぎ、私の息子の手から携帯電話を叩き割って歩き続けました」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング