鳥栖MFの猛ダッシュ「めちゃはやい!」と話題 スピードの差“一目瞭然”、圧巻の帰陣シーンに驚き「倍速してんの」

鳥栖MF飯野七聖(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】
鳥栖MF飯野七聖(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】

福岡とのアウェー戦で見せた猛ダッシュシーンにファン注目

 サガン鳥栖は4月1日、J1リーグ第6節でアビスパ福岡と対戦し、アウェーでスコアレスドローに終わった。Jリーグ公式ツイッターがGK朴一圭のセーブシーンに脚光を当てたなか、自陣に猛ダッシュで帰陣するMF飯野七聖のスピードに驚きの声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 鳥栖はここまで1勝5分の負けなしも、勝ち切れない試合が続いている。福岡とのアウェー戦もドロー決着となったなか、飯野が見せた猛ダッシュからの帰還シーンが話題に。前半21分、福岡のカウンターを受けたなかで、MF田中達也のシュートをGK朴がストップ。その直前、飯野は敵陣から猛スピードで帰陣しており、その圧倒的なスピードの差は周囲と比べても一目瞭然だった。

 このシーンが、Jリーグ公式ツイッターで公開されると、ファンからは「めちゃはやい!」「飯野選手のこの一戦にかける並々ならぬ思いを感じた」「現地で見てて痺れた」「倍速してんのってくらい足速い」といった驚きと賛辞の声が続々と上がった。

 25歳の飯野は今季ここまで全6試合にスタメン出場し、Jリーグ公式「STATS DATA」によるとMF小泉慶と並びクラブ最速(リーグ全体で16位)のトップスピード「33.9km/h」をマーク。その速さが、チームの命運を握っていると言っても過言ではなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング