「どう抑えるの?」 名古屋マテウス、GKお手上げの“芸術的コントロールミドル弾”に驚き「えぐすぎ」

名古屋で活躍するFWマテウス【写真:Getty Images】
名古屋で活躍するFWマテウス【写真:Getty Images】

柏に先制されるも名古屋が芸術ミドル弾で追いつき1-1のドロー

 名古屋グランパスは3月20日、J1リーグ第5節で柏レイソルと対戦し1-1で引き分けた。そのなかでFWマテウスが決めた芸術的ミドルの同点弾に、ファンから賛辞が続々と送られている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 名古屋は前半6分、柏FW細谷真大に豪快なミドルで先制を許す展開。しかし同18分、名古屋のブラジル人FWが見せる。

 DF宮原和也からのくさびのパスにペナルティーエリアライン付近でFW金崎夢生が相手を背負いながらもポストプレーでボールを柔らかく落とすと、右後方で待っていたマテウスが得意の左足でコントロールショット。狙いすまされたボールはゴール左上に吸い込まれた。

 この“芸術的”同点弾にツイッター上では「えぐすぎ」「素晴らしいコントロールショット」「素晴らしい左足」「GKノーチャンス」「どうやって抑えるの?」「スーパーゴール製造機」と称賛のコメントが相次いでいる。

 試合はその後、両者追加点を奪えずに1-1で引き分けた。名古屋はリーグ初戦(対ヴィッセル神戸戦/2-0)に勝利、その後は勝ち切れない試合が続いているが、1勝2分1敗で勝ち点5をまで伸ばし、10位に浮上している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング