浦和ユンカー「ただいま」報告ショット 大歓声の“赤一面”…8000件超反響「ずっと待ってた」

磐田戦でゴールを決めたFWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
磐田戦でゴールを決めたFWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】

今季初スタメンで“技あり”の初ゴールを記録し4-1の勝利に貢献

 浦和レッズは3月19日のJリーグ第5節ジュビロ磐田戦で4-1の勝利を収め、リーグ2勝目を挙げた。初スタメンとなったFWキャスパー・ユンカーはこの試合で今季初ゴールをマーク。自身のSNSで“チームショット”を投稿すると、ファンから「おかえりなさい!」「ナイスゴール!」との声が寄せられ、反響が広がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユンカーは磐田戦の前半11分、敵陣の高い位置でボールを奪ったFW江坂任からペナルティーエリア中央でパスを受けると、DFを背負いながらシュート。一度はGKに阻まれながらも、こぼれ球を冷静に足もとへ収め、最後は右足シュートをゴールへ突き刺した。

 その後も同22分にMF小泉佳穂のスルーパスに抜け出してGKとの1対1を迎えたが、これは決め切れず。前半のみでピッチを退いたが、数多くのチャンスに関与するなど、存在感を示した。

 そんなユンカーは自身の公式ツイッターを更新し、「ただいま We’re back」と綴りつつ得点後と思われる写真を公開。この投稿に対し、8000件を超える「いいね!」が寄せられたほか、ファンから「おかえりなさい!」「ナイスゴール!」「ずっと待っていたよ」「次も期待しちゃいます」「ナイス復活ゴール」と大反響している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング