浦和新10番モーベルグ、衝撃Jデビュー弾で笑顔 スタンドのファンに感謝「驚きもあった」

加入後初ゴールを決めたMFダヴィド・モーベルグ【写真提供:(C) URAWA REDS】
加入後初ゴールを決めたMFダヴィド・モーベルグ【写真提供:(C) URAWA REDS】

磐田戦、出場3分で初ゴール 名刺代わりの一撃「純粋な喜びでしたね」

 浦和レッズの新10番、スウェーデン代表歴を持つMFダヴィド・モーベルグが3月19日のJ1リーグ第5節、本拠地ジュビロ磐田戦でデビューし、出場3分で初ゴール。「皆さんから僕のストロングポイントを聞かれるが、それを表現できたものだった」と、まさに名刺代わりの一撃になった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 モーベルグは今季に向けた浦和の目玉補強で、スウェーデン代表で3試合1ゴールの実績を持ち、チェコの名門スパルタ・プラハからの移籍加入が決まっていた。しかし、新型コロナウイルスの影響で入国が遅れ、今月に入ってようやく来日。3月9日のトレーニングで初合流したばかりだった。

 この磐田戦で初めて登録メンバー入りしてベンチスタートとなったモーベルグは、3-1でリードしたハーフタイム明けに登場。するとわずか3分、得意なポジションという評判の中央やや右サイドからドリブルで進出すると、相手3人に囲まれながらも左足のまたぎフェイントと右肩のボディシェイプで相手の間にコースを作り、そこに左足シュートを流し込んだ。

 モーベルグは「皆さんから僕のストロングポイントを聞かれるが、それを表現できたものだった」と、プレーでそのクオリティーを示した。そして「純粋な喜びでしたね。いろいろな方面から期待されていたので、そこでチャンスをクリエイトして得点できたのが嬉しい。本当に(スタンドに)10番やスウェーデン国旗がたくさんあって、かなりエネルギーをもらったと同時に驚きもあった」と笑顔だった。

 いきなりのデビュー戦、さらにゴールを決めたゲームだったが「チーム全体が今日はいいプレーをしていた。そういう時に中に入るのは、そこまで難しいことではない。試合から4か月離れていたので、どんどん試合に絡んでいけばストロングポイントを見せられると思う」と、浦和の新戦力は涼しい顔で語りつつ自信を見せた。

 この日はコンディションが十分ではないデンマーク人ストライカーのFWキャスパー・ユンカーと、入れ替わりでの出場だった。今季初スタメンのユンカーも前半に1ゴールを決めただけに、両者の競演に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング