鳥栖新加入DFの“完璧”決定機阻止に賛辞「まさに鉄壁」 ファン感謝「来てくれてありがとう」

鳥栖DFジエゴ【※画像はクラブ公式サイトのスクリーンショットです】
鳥栖DFジエゴ【※画像はクラブ公式サイトのスクリーンショットです】

新加入のブラジル人DFジエゴ、クリーンシートでの今季初勝利に貢献

 J1サガン鳥栖は3月13日のリーグ第4節で浦和レッズと対戦し、ホームで1-0と勝利を収めた。後半26分にFW垣田裕暉が決めたゴールを守り切り、今季初勝利を手にしたなか、Jリーグ公式ツイッターがDFジエゴのゴール前のブロックシーンを取り上げて紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在26歳のジエゴは2017年に松本山雅FCに加入し、その後は水戸ホーリーホック、徳島ヴォルティスで経験を積んだ。徳島では19年から21年までプレーし、昨季はリーグ戦33試合に出場。今季から鳥栖へ完全移籍となった。

 浦和戦までリーグ戦3試合連続ドローと勝利から遠ざかっていた鳥栖だが、守備陣が身体を張った守備で浦和の攻撃陣に応戦。後半2分には左サイドを浦和MF関根貴大が突破し、中央に折り返すとFW明本考浩が左足でゴールを狙うも、鳥栖DFジエゴが的確なポジショニングでシュートをブロックし、得点を許さなかった。

 この一連のシーンをJリーグ公式ツイッターが「まさに鉄壁!ナイスブロック!!」とコメントを添えて公開。「頼もしい限り」「ポジショニングが完璧だった」「鳥栖に来てくれてありがとう」など、今季初勝利に貢献したジエゴにファン・サポーターから賛辞や感謝の声が寄せられていた。

 Jリーグ公式「STATS DATA」によると、ジエゴはここまでリーグ戦4試合の出場で、タックル数13とブロック数10を記録しており、それぞれリーグで9番目の数値を記録。昨季まで守備の要としてプレーしたDFエドゥアルド(横浜F・マリノス)の穴を不安視する声もあったなか、ジエゴがそれを払拭するかのようなパフォーマンスでチームの守備を支えている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング