48歳元ブラジル代表R・カルロス、英デビュー復帰戦の“ぽっこり腹部”に海外驚き 「食べ過ぎ」

元ブラジル代表DFロベルト・カルロス【写真:Getty Images】
元ブラジル代表DFロベルト・カルロス【写真:Getty Images】

サンデーリーグのチームと1日契約を交わし、PKで1ゴールを記録

「悪魔の左足」を持つサイドバック(SB)として活躍した48歳の元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏は、英サンデーリーグ(アマチュアリーグ)のバーン・ユナイテッドの一員として試合に出場し、英デビューの復帰戦で1ゴールを挙げて話題を呼んだ。その試合のワンシーンを捉えた写真を海外メディアがアップすると、“激太り”ぶりにファンがすかさず反応している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 母国ブラジルでキャリアをスタートさせたR・カルロスは、強烈な左足のキックを武器に台頭し、1995年にイタリアの強豪インテルへ加入。翌年にはスペインの名門レアル・マドリードへ移籍し、“銀河系軍団”の一員として脚光を浴びた。またブラジル代表としても長年活躍し、ワールドカップ(W杯)には1998年、2002年、06年と3回出場。02年日韓W杯では母国の5度目の世界一に大きく貢献した。

 15年夏にインドのデリー・ディナモスFCでプレーしたレフティーがピッチに戻り、英紙「デイリー・メール」は「ワールドカップ優勝者からパブチームのスターへ」と見出しを打ち、「ブラジルとレアル・マドリードの伝説的選手であるロベルト・カルロスが、サンデーリーグのパブチームのためにイギリスでデビューを果たした」と、レジェンドの復帰を報じた。

 R・カルロスは、5ポンド(約760円)のチャリティーくじの景品として地元のサッカークラブと1日契約。3月4日のハーレスコット・レンジャーズFC戦では、わずか9分ながらプレーし、PKによる1ゴールをマークした。

 スペイン紙「AS」公式インスタグラムは、「ロベルト・カルロスは48歳で魔法をかけ続けている」と一枚の写真をアップ。プレー中のR・カルロスの様子を捉えているが、ユニフォームがピチピチに見えるほど、お腹がぽっこりと浮き出ている。

 投稿には、「史上最高の左SB」「クラッキ」と功績を称える声のほかに、「食べすぎ」「48キロオーバー?」「これが選手のお腹か?」と体重増加に対するコメントも相次いでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング