ガンバ大阪・GK東口順昭の右膝内側半月板損傷を発表 15日に手術を実施、全治は不明

G大阪GK東口順昭(※写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】
G大阪GK東口順昭(※写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】

今季リーグ戦では出番なし

 J1ガンバ大阪は3月15日、GK東口順昭の怪我について、右膝内側半月板損傷と発表した。15日に手術を実施したことも合わせて報告されている。今季リーグ戦ではここまで出場機会はない。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 不動の守護神として君臨してきた東口は、2月19日のJ1リーグ開幕戦(対鹿島アントラーズ/1-3)でベンチ外となり、リーグ最長の連続試合フルタイム出場が、109試合でストップ。代わりに、GK石川慧がゴールマウスを守ってきた。

 クラブは15日、同選手の怪我について右膝内側半月板損傷と発表。同日に手術を実施したことも報告され、現時点で全治期間は明らかにされていない。

 G大阪は、エースFW宇佐美貴史が右アキレス腱を断裂し戦線離脱を余儀なくされたばかりで、シーズン序盤から主力2選手を欠く事態に見舞われている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング