「これが攻撃の起点。くさびってやつ」 磐田GKの美しい超低弾道パントキックを元日本代表MFも絶賛

磐田でプレーするGK三浦龍輝【写真:Getty Images】
磐田でプレーするGK三浦龍輝【写真:Getty Images】

GK三浦龍輝の超低弾道キックに、「ONE1-GK」公式や元日本代表MF福西氏も反応

 ジュビロ磐田のGK三浦龍輝は、3月5日に行われたJ1リーグ第3節・京都サンガF.C.戦(4-1)で披露した低弾道パントキックが反響を呼んだ。元日本代表MF福西崇史氏もツイッターで、「これが攻撃の起点。くさびってやつやな!」と称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は前半35分、元日本代表FW大津祐樹の見事な圧巻コントロールシュートで磐田が先制。後半にDF鈴木雄斗が2ゴールを挙げると、終了間際にFWジャーメイン良がダメ押しゴールを奪い、1人退場者を出した京都に快勝した。

 そのなかで、話題となったのがGK三浦の低弾道キックだった。前半10分、三浦は自陣ゴールから前線へボールを送る際、ボールにかぶせるようにして右足を振り抜き、糸を引くような正確無比の低弾道キックを披露。センターサークルにいたFW杉本健勇の足もとに収まった。

 日本プロサッカー選手会所属のGKたちが、日本サッカーの発展とGKの未来のために立ち上げた「ONE1-GK」公式ツイッターは、「味方の足下に渡る頃にはグラウンダーになってますね。これなら次のプレーに移し易い。少しでもずれたら逆にピンチになる、技術と勇気の要るプレーでした。実況・解説の方、サラッと触れてますが、これ、スーパープレーです」と紹介。これを引用リツイートする形で、元日本代表MF福西氏も、「これが攻撃の起点。くさびってやつやな! 素晴らしい。#GK #止めるの大事 #キックも大事」と称えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング