「削ってイエローカード」 大久保嘉人、大先輩への“プロ1年目やんちゃプレー”を回想「ガッツリいった」

松井大輔(写真はFC横浜時代)と昨季までC大阪でプレーしたFW大久保嘉人【写真:高橋 学 & Getty Images】
松井大輔(写真はFC横浜時代)と昨季までC大阪でプレーしたFW大久保嘉人【写真:高橋 学 & Getty Images】

松井大輔がYouTubeチャンネルを更新、大久保嘉人が明かした“国見ルール”

 プロサッカー・プロフットサル選手としての二刀流に挑戦するにY.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔がYouTubeチャンネル「松井大輔 / Daisuke Matsui」を更新。昨季限りで引退した元日本代表FW大久保嘉人氏と対談し、プロ初戦などを振り返ってを「削ってイエローカード」「ガッツリいったね」と盛り上がりを見せた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 動画冒頭では、大久保氏が国見中学・高校に進学して厳しい環境のなかで高校3冠達成、インターハイと高校選手権で大会得点王を獲得した活躍について回想。同じ九州のライバル校であった鹿島実業高校に在籍していた松井と当時の思い出について語り、大久保氏は「鹿実は嫌だったんだよ」「怖かった」と告白する。また「勝つだけじゃダメだった。何点差つけないと勝ちじゃないって設定されてた。1点取られたら、1点につきグラウンド何周がある」と、当時の“国見ルール”を明かした。

 さらにJリーグで初めてプロとしてピッチに立った時の記憶について質問が飛ぶと、大久保氏は浦和レッズ戦だったと言及。「井原さん(元日本代表DF井原正巳)を削ってイエローカード」「ガッツリいったね」と、デビュー戦で大先輩を相手にやんちゃなプレーをした若かりし頃に触れ、松井も今だから話せる自身のデビュー戦での鮮烈な記憶を明かし、その後も軽妙なやり取りを見せた。

 ともに“谷間の世代”とも呼ばれた2004年アテネ五輪世代で、同じ時代を駆け抜けた盟友の関係性だからこそ明かされる当時の心境やエピソードが次々飛び出し、ファンの間でも驚きが広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング