「一か八かのシュートだった」 磐田MF鈴木雄斗、静岡ダービーで技ありハーフボレーループ弾

ジュビロ磐田MF鈴木雄斗(写真は昨季のもの)【写真:高橋 学】
ジュビロ磐田MF鈴木雄斗(写真は昨季のもの)【写真:高橋 学】

前半23分、DF大井のロングボールにダイレクトで合わせて同点弾

 ジュビロ磐田は2月26日、J1リーグ第2節でライバルの清水エスパルスと対戦。退場者が出て試合途中で9人になる苦しい展開により、“静岡ダービー”で1-2と悔しい敗戦を喫した。そのなかで、一時同点となるゴラッソを決めたMF鈴木雄斗は「一か八かのシュートだった」と振り返った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 開幕節のアビスパ福岡戦で1-1のドロー発進となった磐田は、清水戦でも前半9分に先制点を奪われる苦しい展開となる。そのなかで、存在感を発揮したのが鈴木雄斗だった。

 前半23分、磐田はDF大井健太郎が前線へロングパスを供給。ペナルティーエリア右へ走り込んだ鈴木雄斗がワンバウンドしたボールを右足ダイレクトで合わせ、ループ気味のシュートが清水GK権田修一の頭上を越え、ゴール左へ吸い込まれた。

「ボールもギリギリだったので、中に(選手が)いたのは分かっていたけど、状況は細かく見えていたわけではない。一か八かのシュートだった。最後のところを集中して狙いに行きました」

 鈴木雄斗はゴラッソのシーンをこう振り返ったが、後半22分に清水に勝ち越しを許すと、後半29分にはDF山本義道が2枚目のイエローカードで退場。同33分には途中出場のFWファビアン・ゴンザレスがレッドカードで退場となり、磐田は9人での戦いを余儀なくされた。

「9人でのサッカーはプロになってから初めて。どういう風に攻めたらいいか、どういう風にボールを奪ったらいいか、難しかった。試合中に整理出来たらもう少しうまく試合を運べたのかなと考えていた。もう一度映像を見て考えたい」

 鈴木雄斗は「悔しい」と語りつつも、「すぐに試合はくる。下を向いている暇はないと(伊藤彰)監督にも言われたし、前を向いてやっていきたい」と気持ちを切り替えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング