清水の20歳ストライカー、2戦連発! “GKが動けない”先制ゴールへ「覚醒してくれそう」「スゲー」と感嘆

清水の20歳ストライカー・鈴木唯人(※写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】
清水の20歳ストライカー・鈴木唯人(※写真は昨シーズンのもの)【写真:Getty Images】

“静岡ダービー”で先制ゴール奪取

 清水エスパルスは2月26日、J1リーグ第2節でジュビロ磐田との“静岡ダービー”に臨んだなか、20歳FW鈴木唯人が2戦連発となる先制ゴールを奪取。ドリブルで独走し、GKとの1対1を制したシーンへ「昨年よりも成長してる」「覚醒してくれそう」との声が上がり、注目されている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 清水は前節、北海道コンサドーレ札幌との開幕戦で1-1のドロースタート。この試合で、貴重な同点ゴールを奪った期待のストライカー・鈴木が“静岡ダービー”でも魅せた。前半9分、自陣でこぼれ球を拾ったMF神谷優太からのパスを受けると、DF山本義道と入れ替わり、そのままドリブルでペナルティーエリア中央へ。GKとの1対1の場面で冷静に右足シュートを突き刺した。

 開幕戦に続き、2試合続けて結果を残した若きストライカーのゴールに対し、ファンからは「今シーズン覚醒してくれそう」「なんちゅう裏抜け」「GK一歩も動けないシュート&ドリブルスゲーな」「一対一を決めきれるのは流石」「昨年よりも成長してる」との声が上がった。

 静岡のライバルとの一戦で、勝負強さを示した鈴木。プロ3年目で飛躍を期待させる活躍を今節も示している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング