鈴木啓太氏、浦和サポの“声出し”に愛ある苦言「気持ちわかる!でも、全く良くないよ」 8000件超いいねの大反響

一部サポーターへ向けて鈴木啓太氏がコメント(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
一部サポーターへ向けて鈴木啓太氏がコメント(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

浦和サポーターに向けて「残念なこと」とメッセージ

 浦和レッズは2月23日、前倒し開催となったホームでのJ1第9節でヴィッセル神戸と対戦し、2-2で引き分けた。クラブOBの鈴木啓太氏が自身のツイッターを更新し、一部サポーターの声出しについて苦言を呈している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合はスリリングな展開となった。前半10分にFW武藤嘉紀の一撃で神戸が先制すると、同12分にMF松崎快、同19分にMF柴戸海の連続ゴールで浦和が逆転。後半42分に神戸DF槙野智章が古巣から同点ゴールを奪い、2-2と引き分けに終わった。

 試合中からツイートしていた鈴木氏は「残念なこととして、気持ちが入るのはわかる!でも、観戦マナーは守って欲しいな。一部の人かもしれないけど」とサポーターの行動に言及していたなか、試合後に再びツイートしている。

「レッズサポーターのこと大好きだし、一緒に戦ってきた仲間だから本音で言う。これまで、いつも『その声』に助けられてきたし、本当に大きな力になった。声出したい気持ちわかる!もどかしいこともわかる!でも、全く良くないよ。ルールが守られなければ、Jリーグは成り立たない」

 一部サポーターの声出しについてメッセージを発信しており、投稿から約2時間で2000件以上のリツイート、8000件超の“いいね”が寄せられるなど反響が広がっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング