「ほんとに18歳?」 FC東京ルーキー・松木玖生、プロデビュー戦の“圧巻プレー”に仰天「半端ない」

川崎MF登里享平と対峙するFC東京MF松木玖生(写真左)【写真:Getty Images】
川崎MF登里享平と対峙するFC東京MF松木玖生(写真左)【写真:Getty Images】

川崎とのJリーグ開幕戦で、いきなりスタメンデビュー

 2022年シーズンのJ1リーグは2月18日、川崎フロンターレ対FC東京の“多摩川クラシコ”で開幕し、FC東京の大物高卒ルーキーMF松木玖生が、スタメンでプロデビュー。正確なパス、シュートでチャンスに絡んだ18歳ルーキーのパフォーマンスへファンからは「ほんとに18歳?」「末恐ろしい」との声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 松木は、青森山田高校のキャプテンとして第100回全国高校サッカー選手権で活躍し、1年時からそのポテンシャルの高さが注目されてきた逸材。昨季王者・川崎との開幕戦という注目カードでスタメンJデビューを飾ると、ポゼッションスタイルのチーム戦術へ難なくフィットし、正確なパスでチャンスに絡んで見せた。

 まずは前半23分、FW永井謙佑とのパス交換からFWレアンドロの決定機へつなげると、その5分後には積極的にゴールを狙う。永井の左クロスへ味方が反応し、中央へこぼれたボールに対し左足を一閃。ゴールへ一直線に飛んだシュートはGKチョン・ソンリョンの正面をつく格好となったが、強烈シュートで見せ場を作った。

 球際では力強い守備を見せれば、相手とのマッチアップシーンで圧巻のボールキープも披露。存在感を十分に発揮したこの試合を踏まえ、Jリーグ公式SNSがタッチ集を公開すると、ファンからは「これで18歳だというのだから末恐ろしい」「これで高卒ルーキーかよ」「うっま」「これはスターだ」「こんな選手は久保建英以来かも」「ほんとに18歳?」「存在感半端ない」といった驚きの声が相次いだ。

 試合には敗れたものの、インパクト十分の働きを示した松木。プロでの第一歩を踏み出し、さらなる活躍へ今後も熱視線が注がれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング