ベテラン長友が抱く“多摩川クラシコ”・アウェー戦への思い 「フロンターレ、素晴らしいな」…感動の光景とは?

川崎DF山根視来とFC東京DF長友佑都の対談が実現【写真:高橋 学 & Getty Images】
川崎DF山根視来とFC東京DF長友佑都の対談が実現【写真:高橋 学 & Getty Images】

【“金J” 開幕戦・多摩川クラシコ対談・中編】代表活動を終えてチームに合流する二人が楽しみにしていること

 2022年のJリーグが、いよいよ2月18日に開幕する。今回で5シーズン連続となる「金J」での開幕になるが、そのオープニングマッチを飾るのは、3連覇を目指す川崎フロンターレとアルベルト新監督を迎えたFC東京による「多摩川クラシコ」だ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この大一番に向けて、「FOOTBALL ZONE」は、「DAZN Jリーグ推進委員会」の開幕企画で、川崎の山根視来、FC東京の長友佑都の特別対談を実施。ともにカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている日本代表にも選出されているサイドバックによる攻防は、ゲームの行方も左右すること間違いなし。今シーズンのJ1で、最初の白星を目指す両クラブのキーマンによる対談、その中編をお届けする。(取材・文=河合 拓/全3回の2回目)

   ◇   ◇   ◇

――新シーズンに向けて、それぞれのチームのなかで楽しみにしていることはありますか?

山根 フロンターレには、新しくタイ代表のチャナティップ選手、瀬古樹選手、新卒の選手でもかなり実力のある選手たちが加入してくれました。何人か抜けた選手もいますが、またどういう融合ができて、良い攻撃の形をつくっていけるのか。そこに僕が入った時、どうなっていくのかは、楽しみなところです。

長友 僕は、監督が代わって、どういうサッカーをするのかが楽しみです。選手も入れ替わりがあったので、その選手たちがFC東京とアルベル新監督のサッカーにどのように融合していくか。あと、注目されている松木(玖生)くんもいるのでね。彼も高卒で、どれくらいプロで通用するのかというのは、僕自身もすごく楽しみです。

――相手の情報が分かりにくい開幕戦は、対策よりも、自分たちの戦い方をどれだけ浸透させて、出せるかが重要になるのでしょうか。

山根 そうですね。この期間も自分たちの戦術を落とし込むキャンプにしていると思いますし、それを発揮するのが開幕戦です。相手のやり方に合わせるよりも、自分たちが今年はこういうことをやるということを示す試合になるのかなと思っています。

長友 僕も同じ考えですね。自分たちのサッカーがどれだけできるかという点が、開幕戦は重要です。

山根 あとはスタートダッシュをするためにも、結果ですよね。今、フロンターレはJリーグを連覇していますし、最初の試合に勝つことができれば、周りに「今年もやるな」と思わせることができます。負けてしまえば、「選手も出て行ったし、今年はダメだな」と、思われてしまうかもしれません。そう思われないように、勝ち点3が必要になってくると思います。

長友 僕たちからすると、フロンターレに勝ってスタートできれば、これほど自信が付くスタートはないと思います。自分たちが自信を掴むためにも勝利が必要です。特に昨シーズン、FC東京は、上位のチームに勝てていない。今年、フロンターレに勝つことで自信が付けば、チームの士気も上がると思います。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング