「お家の扉ヴィッセルカラー」 槙野智章、愛犬の帰宅時“お出迎えシーン”が話題「かわいすぎ」「嬉しそう」

神戸に移籍したDF槙野智章【写真:(C)VISSEL KOBE】
神戸に移籍したDF槙野智章【写真:(C)VISSEL KOBE】

合宿終了後、帰宅時のワンシーンをSNSへアップ

 ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章が自身のSNSを更新。「飛びついてきた、ぱんちゃん!」と綴り、帰宅と同時に愛犬が真っ先に出迎えたワンシーンを投稿すると、ファンから様々な反応が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2012年から浦和レッズでプレーしていた34歳の槙野は昨季限りで契約満了となり、昨年12月24日に神戸への完全移籍が発表された。新天地での背番号は「14」に決定。新シーズンに向け、トレーニングキャンプで汗を流す姿が、クラブの公式SNS上で伝えられていた。

 神戸で実施されていたキャンプは2月5日に終了したなか、槙野がインスタグラムを更新。「合宿が終わり久々に家に帰る。待ってました!って飛びついてきた、ぱんちゃん!嬉しいねー」と綴り、帰宅と同時に愛犬「ぱんちゃん」からお出迎えを受けたシーンを公開している。

 尻尾を振りながら誰よりも真っ先に槙野へ飛びついた姿に、ファンからは「かわいすぎ」「むっちゃ嬉しそう」「たまりませんね、この喜び様」「しっぽが…物語ってる!」などのコメントが寄せられ、“癒される”シーンに熱視線。また、自宅の玄関扉が神戸カラーであることへも「ドアがクリムゾンレッドってところにキュンってしました」「お家の扉は、ヴィッセルカラーですね~」といった声が寄せられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング