サンタ・クララ田川、デビュー6分後の“衝撃弾”へ現地注目 「これ以上は望めない」

サンタ・クララへ移籍をしたFW田川亨介(写真は代表時のもの)【写真:Getty Images】
サンタ・クララへ移籍をしたFW田川亨介(写真は代表時のもの)【写真:Getty Images】

新天地デビューのボアビスタ戦でいきなり決勝ゴール

 冬の移籍市場で、FC東京からポルトガルのサンタ・クララへレンタル移籍したFW田川亨介は、デビュー戦となった2月1日のボアビスタ戦で、決勝ゴールを決める活躍を見せた。ポルトガル紙「A BOLA」は「これ以上のデビューはない」と評価するとともに、日本人ストライカーのコメントを紹介した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 田川は1-1で迎えた後半24分、MFオスカル・バレートとの交代でピッチに送り出され新天地デビューを果たすと、その6分後にいきなり結果を残す。MFアンデルソン・カルバーリョがペナルティーエリア外から右足を振り抜き、ゴール前に速いボールを入れる。これに田川が反応しDFの背後を取ると、左足で1タッチゴールを決めた。

 衝撃のデビュー戦へ「A BOLA」は「田川亨介はこれ以上のデビュー戦を望むことはできなかっただろう」と注目。記事では試合後のコメントも紹介され、田川は「サンタ・クララでのデビュー戦で、ゴールを挙げて自分の色を出せてよかった。コンディションをさらに上げて、もっと良いパフォーマンスを出せるようにして、チームの目標達成を助けたい」と誓っている。

 田川のゴールで勝利したサンタ・クララは10位に浮上。同胞のMF守田英正はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う日本代表への招集で不在だったが、今後は2人の競演にも注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング