三笘薫に通じるタレント力 磐田・高卒ルーキー古川陽介はプロ1年目から活躍できるか

静岡学園から磐田に加入したMF古川陽介(※写真は静岡学園時代)【写真:Getty Images】
静岡学園から磐田に加入したMF古川陽介(※写真は静岡学園時代)【写真:Getty Images】

【識者コラム】高校選手権で旋風を巻き起こした古川はプロでも戦える

 ジュビロ磐田に加入したMF古川陽介がルーキーイヤーから活躍する可能性があるかと問われたら、答えは「イエス」だ。もちろんいくつか条件はあるが、しっかりと能力を発揮できればJ1の舞台でも十分に通用するポテンシャルはあると評価している。その条件とはどういうものになるのかを筆者なりに考察したい。

 高校サッカー選手権では静岡学園の「10番」として注目を集めながら、準々決勝で関東第一にPK戦負けを喫して、国立を前に姿を消した。それでも10番を付けた古川のプレーは静岡学園の外連味ない攻撃スタイルと相まって、現地観戦したファンはもちろん、お茶の間にもインパクトを残したはずだ。

 古川に関しては選手権でいきなりセンセーショナルな活躍を見せたというより、もともと青森山田のMF松木玖生(FC東京加入)にも負けず劣らず、特別なタレントの1人であることは知る人ぞ知るところだろう。高卒ルーキーがJリーグ、しかもJ1でいきなり活躍することが難しいのは周知の事実だ。それでも2列目の攻撃的なポジションということもあり、ルーキーイヤーから存在感を発揮する期待は高い。

 古川の同世代で、ジュビロ磐田のアカデミーから昇格したMF藤原健介は昨年の天皇杯でもアシストを記録するなど、すでにトップチームで活躍できる資質を示している期待の若手だ。その藤原は選手権の前にあった静岡県選抜で、古川と一緒にプレーした経験があるという。

 その時に藤原が感じたのは、「ドリブルの凄さは感じるものがあって、このドリブルなら選手権でも活躍してくれるだろうな」。そして、そのドリブルの能力は、「プロの舞台でも相手をかわしていって、得点につなげて欲しい」と語る。

 古川が参考にしているのは静岡学園の先輩で、川崎フロンターレから横浜FCに移籍したFW長谷川竜也で、「ドリブルでどんどん仕掛けるタイプなので、ああいう姿勢は学びたい」と語る。その古川がこだわっているというのは緩急で、そこから相手を一瞬で置き去りにする。

page1 page2

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド